読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CFF20周年わたしの想い。

f:id:cff_japan:20161104173932p:plain

永嶋美南さん(あだ名:もみんちゃん)第99回フィリピンワークキャンプ参加した後、2016年に始まった事務局ボランティアチームとして活動。現在は「CFF20周年プロジェクト」の20周年記念パーティー企画メンバーとして活躍しています!そんな彼女のCFF20周年への想いを教えてもらいました。

 

−20周年記念イベントに関わるきっかけは?

 事務局でボランティアしていたとき、CFFでなにかやりたいと思っていたんだよね。そのとき職員にこのプロジェクトに誘われて、楽しそうって思って参加を決めたんだ。

 

冊子作りのミーティングに参加して、メンバー一人ひとりが持つ20周年への想いを強く感じて驚いた。あと、社会人が仕事終わりに、ミーティングに来て本気で話し合っている姿に感動した。みんなが大切にしている場所にいれることがすごく嬉しい。

 

みんなが言葉の1つ1つに想いをこめていて、素直にこの人達はすごいと思ったよ。イベントへの思いについて深めている姿をみて、自分の考えを持つ大切さとか、自分が何をしたいのかという部分を、私自身ももっと深めるようにしていきたいと思った。


−もみんちゃんのパーティーへの想いは?

 普通にしていたら出会えない人との出会いがCFFにはたくさんある。ただのイベントではない、CFFらしい場を作りたいって思ってる。


 私にとってのCFFのイメージは公園なんだよね。子どもの頃によく行くようなところ。学校とか家とかではない、特別な場所。居心地がよくて、チャンスがたくさんあって、たくさんの人と関われるようなね。だから、CFFのプログラムも、このイベントも、参加する人には温かさを感じてもらって、多くの気づきを得てもらえるような場であってほしい。人生とか悩んでいる人にもぜひ参加してほしい。

 今回のイベントは、自分の身近な大切な人にCFFを知ってもらうことも目的だから、自分がCFFを好きな理由も感じてもらえる場にしたいんだ。あと個人的には、親世代には、このイベントをきっかけに、海外にいくことに寛容になってもらえるといいなぁ。社会人10年目とかの古株さんたちも、新キャンパーも、みんな楽しめて、CFFを応援したいと思えるパーティーにしたい。そう、とにかくみんなに楽しんでほしい!

 

CFF20周年記念パーティーのお知らせ♪

CFFは設立から20年が経ちました!

そこで、CFFが社会に提供している価値を見える化し、それを周りの人に伝える事のできる冊子を作ることに大奮闘中です!今回のイベントでは、20周年のお祝いと共に、冊子のお披露目を行います!

あなたの周りの大切な人に読んでもらいたい冊子になっていますので、大切な友達や家族を誘ってパーティーにくれたら嬉しいです!もちらん1人での参加も大歓迎です^^

参加申込フォーム:https://goo.gl/IPkrFd