読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィリピン青年インタビュー!〜現地おシゴト事情〜

皆さん、こんにちは!CFFジャパン事務局インターンのすみれです。

今回は私が、フィリピンのお仕事事情についてインタビューを行いました!

 

そろそろ卒業&就職シーズンを迎えますが、

「フィリピンの同世代の人たちは、日本と同じように就職活動をするのか」

「若い世代が思うフィリピンの雇用問題はあるか」

「どんな職業が人気があるのか」

 

ということを知りたくなって、聞いてみました!!

 

答えてくれたのは、CFFフィリピンワークキャンプで現地キャンパーとして活躍していたロニー。

質問に快く応えてくれました! ありがとう!

 

f:id:cff_japan:20170210174820j:plain

【写真右がロニー】

 

 ~~~~~~

日本は大学や高校を卒業する前に就職活動をして仕事を見つけるけど、フィリピンはどう?

 

ロニー:日本と同じように、フィリピンでも自分が専攻している分野に合うような仕事を探すよ。

でも、その前に、資格(看護師や医師など)の試験を受けるためのテストに合格しないといけないんだ。

合格したら資格試験を受けることができるけど、そのテストが不合格だったら、もう一度その試験を受けることになるよ。

 

なるほど、日本とシステムは似ているんだね。ロニー世代から見たフィリピンの雇用問題や課題はある?

 

ロニー:就職したい人と求人の比率が合わなくて、職を求めている人が多いこと。就職できない人が溢れていることも、フィリピンが抱えている雇用の課題だと思うな。

 

ロニーは将来どんな仕事をしたいと思っているの?

ロニー:僕は、船を所有するオーナーになって、有名なビジネスをしたい!

いろいろな種類があるんだけど、例えば、人々を乗せる旅客船だったり、貨物だったり、化学タンカーの輸送とか。漁業とは少し違うかな。

 

フィリピンの男性は船関係の仕事をしたいという人が多いよね。それはなんで?

 

ロニー:船乗りは給料が高いし、タダでたくさんの国を周ることができるからだと思う!笑

 

 ~~~~~~~

 

最初にインタビューしているときに、「雇用問題は深刻なのかな」など、思いながら聞いていましたが、ロニーは明るく話してくれて正直驚きました。

日本は、街を歩いていると求人を募集している店がたくさんありますが、フィリピンは真逆で求人募集がたりないくらい職を求めている人がいる。

仕事もたくさんある日本に生まれて住んでいる私はどう返答したらいいのか、インタビューをしながら戸惑ってしまいました。

 

でも、ロニーのなりたい職業は、人の命を預かったり、時には危険なものを運んだり…責任のある仕事ですが、とてもやりがいのありそうな仕事だと感じました。

 

ロニー、インタビューに答えてくれてありがとう!

 

f:id:cff_japan:20170210174908j:plain