読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年春プログラムリーダー「行ってきます!」 〜その②〜

木澤えりさ【第44回マレーシアワークキャンプリーダー】
 
スラマッパギ!
マレー語に頭を切り替えます、えりさです。

朝9時半には出発してしまうので、前日の夜にぽちぽち打ったものを送ります。
今の心境を正直に。

とりあえず、今の目標は
まずは!無事にコタキナバルに着くこと!笑 キャンパー全員が健康で日本に帰ってくること。

色々考えたけど、一周回って頭のなかシンプルに考えたら第一にそれが思いついたかな。


じゃあキャンプ中は何をしたいかというと、、
キャンパー一人一人の幸せを考えること。これは、マレーシアの子どもたちにも言えること。
ここでいう幸せは、その人の良さが集団の中で活かされること!
一人一人が役割を持った社会になったらいいなあって。幸せをみつけるために、行動してほしい!

そのために私が直接何ができるかは、
答えは無限にあるけど、
一番にやりたいのは、毎日、キャンパー一人一人と話すこと。
がっつり会話!はできなくても、挨拶は絶対。

小さなことかもしれないけど、
少しずつ心が前向きになってくれたら嬉しい。

事前研修が終わったあと
成長したい!とか、マレーシアのこともっとしりたい!とか、自分を変えたい!とか
正直に胸の内を打ち明けてくれたキャンパーが居ました。本当に嬉しかったなあ。


自分に自信持って帰ってきてほしい。
それは、キャンパーに願うことだし、自分自身も!!


これが今の気持ちです。

最後に
ここまでリーダー生活を支えて下さった方々、本当に感謝しています。
今は自分のことでいっぱいいっぱいだけど、少しずつ恩返ししたいです。


自分で選んだ道を正解にしてきます。

ありがとう。
それではいってきます(^_^)

f:id:cff_japan:20170313173826j:plain

 
えりさ
 
ーーーーー
伊藤千花【第33回フィリピンスタディツアーリーダー】
 
一年半前の夏にpwc97に参加して、素の自分でいられるあったかいこの場所が大好きになって、もっとCFFに関わりたいって思いました。
 
CFFに出会って、自分は今まで考えること向き合うことを避けてきたんだなって気付いたり、
 
熱くシェアしてる人をみて、自分もあんなに熱くなれたらいいなって、冷めてる自分を悔やんだり、
 
たくさん気づきがあったし、将来の夢、やりたい職業は決まらないけど
人生で大切にしたいことを決めよう、それを軸に生きようって思えた原点でした。
 
 
そこで誰かのためになるような生き方をしている人でありたいな。そう思いました。
 
 
pst31でフィリピンに行って、たくさんの人と出会ってみんなとシェアして自分はもらったもの、気付いたものがたくさんありました。
 
女性保護施設で出会った女の子とシェアして、シェアで痛みや気持ちを少しでも共有することってできるんだなって思って。
そしてわたしもシェアに救わて。
でもそこで、わたしが大切にしたいと思っていた誰かのために何かすることって難しいんだ、一方的なのかもしれないと思いました。
 
 
優しいねとかいい子だねとかって言ってもらえることはあっても、
ちかだからできること、ちかにしかできないこととか自分の色をだすことは苦手で、
だから誰かに大きく何かできたことなかったなと思います。
 
 
でもだからこそ誰かのために大きなことは出来なくても、
小さいことを積み重ねて、
誰かが自分の幸せや目標を求めて進むきっかけや想いに気付ける場所を作ることはわたしにできることなんじゃないかなって思って。
やっぱりCFFのリーダーをやりたいと思いました。
 
 
pst31から帰ってきて、参加したわたしがこれからどう生きるかでできることはもちろんあると思ったけど、
でも自分にたくさんのあったかい時間や小さな幸せをくれた現地で出会った人に、わたしたちはなにかできたのかなって苦しくなった。
 
出会う現地の人、フィリピン、世界、参加したらわたしたちのために何かできるスタディツアーを作りたいって思った。
 
でも今思えば、わたしたちがpst31で現地に築けたものもきっとあったんだと思う。
気づけなかっただけ。
 
だからこれからみんなといくpst33では、
目の前の'たった一人'を想って、現地の人に、スタラーにみんなでちっちゃい何かを築き合って、気づき合えるようなツアーにしたい!!
 
それが現地の人にも参加したらスタラーにも意味があるスタディツアーにつながるんじゃないかって思ってます。
 
 
これが、わたしがいままでの1年間で考えてきた最高のスタディツアーです
 
 
でも明日からの9日間で、その続きをスタラーみんなと作ってきます!
 
 
いままで支えてくれたみんな、応援してくれたみんな、
17春シーズンに関わってくれているみんなに心からありがとうを言いたいです!
 
帰ってきた時そんなみんなに、
めっちゃよかったよ!
ありがとうって言えるように、
 
悔いなく9日間、最高のツアーのためにリーダーとしてできることを精一杯やってきます!
 
ちか
 

f:id:cff_japan:20170313125609j:plain